セキュリティ講習

いくらシステムを整えてもそれを扱う人間がセキュリティについて無関心・無知であれば何の意味もありません。
富山セキュリティ.comではセキュリティ講習を開催しています。テーマはその時の時流や参加していただく対象者に合わせたもので行っています。また企業ごとでの講習・研修のご依頼も承っておりますので、社員規模や使用環境を教えて頂ければ企業様にあった内容で講習の方を開催させていただきます。内容もご要望に沿ったもので行わせていただきますので「最近のウイルス被害」「従業員が注意すること」等お気軽にご相談ください。

 

 

弊社セキュリティ講習について


社員研修

社員教育は通り一辺倒な内容では意味がありません。企業ごとの環境、社員の皆様の意識、そして何より実際に、活動可能な内容であることが重要です。弊社では事前に御社とのお打ち合わせでじっくりと要点をヒアリング。本当に御社に必要な内容を検討いたします。また必要に応じて、セミナー実施後にアンケートを行いお伝えした項目が守られているか、守られていない場合は何が問題なのかまで、丁寧なフォローも致します。


経営者勉強会

経営陣が、情報セキュリティに関する認識を共有するためには自社の環境を考慮し、御社にとっての脅威はどこにあるのか、守るべき対象は何か、またそれらをおろそかにした場合のリスクは何か、などこれらを入念に事前に調査し現実味のある内容であることが重要です。事業内容、社会的立ち位置、事故が起きた場合の社会的影響度などこれらを要点項目の内容に反映した御社オリジナルといえるセミナーをオーダーメイドでおつくり致します。


一般向けセミナー

その時、一番の時事ネタを中心に、情報セキュリティについての知識にかかわらずどなたでもお聞きになれる内容となります。気を付けたいのは日ごろ、情報セキュリティにあまり関心をお持ちでない方に難しい内容はかえって逆効果。難しい内容をかみ砕き、ときにはちょっとしたネタなどを挟み最後まで興味を持てる内容を提案します。これは日ごろ、弊社のブログ等で、できるだけ多くの皆様にへい易な情報をお伝えすることを心がけているからこそ痛感している弊社の特徴です。


情報セキュリティポリシー策定

実際にトラブルが発生した際は迅速な対応が必要になります。
問題発生後に対応を始めても被害の拡大を食い止めることはできず、自社だけでなく取引先や従業員に多大な迷惑をかけることになります。
被害を最小限に止める為事前に自社にあったセキュリティポリシーを策定しておきましょう。
富山セキュリティ.comではお客様の環境にあったセキュリティポリシーの策定にご協力いたします。
 

セキュリティポリシー策定の手順

1

策定の組織作り

  

情報セキュリティポリシー策定し運用するためには責任者を明確にして、策定に携わる人材を組織化する必要があります。

2

目的・対象範囲・役割の決定

    

策定する際にはなぜポリシーが必要なのか、ポリシーを適用する情報・人を決定する必要があります。また組織内の役割考える必要もあります。

3

策定スケジュールの決定

  

策定をいつまでに考えて、いつから適用するのかスケジューリングする必要があります。また税理士・社労士などの外部の方にもかかわる場合長い時間が必要になる場合もあるので、余裕を持った計画をします。

4

基本方針の策定

   

業種や会社のルールをもとにセキュリティの基本方針を考えます。難しいものでなく基本的なものでも策定することでポリシー策定の指針になります。

5

情報資産・リスクの洗い出し


自社の守るべき情報資産、それをどのように運用しているのか、また運用にあたってどのようなリスクがあるのか洗い出しを行います。これをもとに具体的な内容を考えます。

6

対策基準・実施内容の策定

  

最後に実際にトラブルが発生したときにどのような手順で対応するのか、トラブルを防ぐために何を実施する必要があるのかを考えます。またポリシーが業務に支障をきたさないか確認も行います。

お問い合わせ

Tel.0766-25-1881

営業時間 08:30 - 17:30
定休日:土・日曜・祝日